新年のごあいさつ

平成31年 新年あけましておめでとうございます。

ついに平成が終わる年となりました。
思い起こせば、私が監査法人に入所しこの業界に入ったのは、平成元年の10月でした。
当時はまだ会計士試験(当時は二次試験と言ってました)にも合格しておらず、
「研修生」として監査の現場等で補助者として働きながら、夜は試験予備校に通う生活でありました。
2年後、運良く試験に合格することができましたが、実務補習期間を経て公認会計士登録をした頃には、
バブルははじけ飛んでおり、その後の「失われた20年」を会計業界の片隅で過ごしてきました。
このように、私の会計士としての生活はまさに平成とともにあったわけです。

その平成が終わろうとしている今、一抹の寂しさを感じるとともに、来るべき時代がどのようなものになるのか、
期待と不安がないまぜになっています。

しかし、どんな時代になろうと私たちがやるべきことは変わらないはず、とも思っています。
今年も、そして5月からの新年号時代もどうぞよろしくお引き立てのほど、お願い申し上げます。

このブログ記事について

このページは、yoshikawaが2019年1月 3日 17:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「医療法人の定款変更について」です。

次のブログ記事は「サッカー日本代表の進化」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

Powered by Movable Type 4.261